腎臓病の患者さんのための食事が登場|逐一診断してもらう

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

腎臓の負担を軽減する

和食

腎臓病の進行を遅らせるためには、医療機関を受診し治療を受ける事と、食事療法が大切です。医療機関では一人一人に合った治療法を提案してくれるので、担当医の指示に従いきちんと治療を受けます。食事療法は毎日の食事から取り入れるため、生活習慣を見直し改善する必要があります。腎臓病の進行を遅らせる食事療法は、たんぱく質を摂り過ぎず塩分を控えて、エネルギー量を確保する事です。たんぱく質は摂り過ぎてしまうと、老廃物が増え腎臓の負担が増えるため、計算して摂るようにします。塩分を摂り過ぎると血圧が高くなり、身体がむくんでしまうため腎臓に負担がかかります。エネルギーが不足すると、たんぱく質の分解が上手くいかず老廃物が多くなるため、適度に摂ると良いです。腎臓は重要な役割を果たしている器官であり、なるべく負担をかけずに消化できるよう促す必要があります。食事療法では食事から改善を促す事で、体質改善と腎臓改善の両方に働きかけていきます。

腎臓病の食事療法は自宅でのケアが重要となるため、毎日熟慮して献立を考案する事になります。この作業が毎日続くと負担になってしまうため、近年では各業者が様々なサービスを提供しています。そのサービスを行っているのが、病食を自宅へ配達する食事サービスであり、悩みに合わせて注文できます。病食宅配サービスは、糖尿病や腎臓病を改善するために作られた、特別な献立メニューです。高い知識を持つ管理栄養士がメニューを考案しているため、毎日計画的に食事療法が行えます。病食の宅配サービスは全国各地で利用でき、メニュー数も配達日時も利用者自身が選択できます。ライフスタイルに合わせて自由に注文できるため、食事にかかる負担を軽くできます。