腎臓病の患者さんのための食事が登場|逐一診断してもらう

老人
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい国民病

男性女性

腎臓は沈黙の臓器といわれ自覚症状があらわれにくく普段からの予防と検査が重要です。腎臓病の予防の基本は食事療法と生活習慣です。適正なエネルギー範囲内のたんぱく質量を守りながら塩分やカリウム、水分にも配慮してバランスよく食べましょう。

もっと詳しく

腎臓の病への対応

作業員

腎臓に病気を抱えている場合には、管理栄養士や医師のアドバイスに従って食事をとるようにしましょう。例えば、塩分の過剰摂取は腎臓病に良くありませんので、塩分を適切に控えた食事を摂る必要があります。まずは、自分で食事制限を行ってみると良いでしょう。外食が多い人は、自炊を増やしてください。自炊を増やすことで、栄養の管理を自分で行うことができるのです。しかし、自分で食事を用意することができない人も多いのです。そういった人々は、どのようにして腎臓病に対応すればよいのでしょうか。最近は、宅配によって食事を届けてくれるサービスが人気となっています。簡単に調理できる食事が届きますので、自分で食事を作れない人に向いています。

腎臓病の人は、食事の宅配を上手に利用して病気をコントロールするようにしましょう。もちろん、自分で節制することができれば良いのですが、忙しい現代人はなかなかうまくいかないことがあるのです。その反面、宅配サービスを活用することで、腎臓病を改善するための食事をとることができます。あなたは自分で管理する必要がありません。宅配サービスを利用すれば、あなたの負担が軽減されるのです。簡単に食事療法をすることができますので、自分で管理することが困難な場合には、迷わずに宅配サービスを利用すると良いでしょう。また、病院に定期的に通うことも重要です。腎臓病の途中経過がどのようになっているのかを逐一診断してもらうようにしましょう。

腎臓の負担を軽減する

和食

腎臓病の進行を遅らせるため、食事療法ではたんぱく質と塩分の摂りすぎに注意し、カロリーは十分に確保します。毎日献立を考えるのが大変なら、病食宅配サービスを利用すると良く、食事にかかる負担を軽減できます。

もっと詳しく

改善と予防のために

介護

腎臓病食では塩分とたんぱく質、カリウムやリンの摂取を控えて、カロリーは適度に摂り水分調整を行います。暮らしを楽にするために食事の宅配サービスを利用したり、薬を上手に用いて腎臓の負担を軽くしていきます。

もっと詳しく